教員紹介

若松 加寿江

  • 土

【専門分野】
都市防災工学

学部担当教科

理工学概論,自然地理学,災害地形学,都市防災学,土木工学総合演習Ⅰ・Ⅱ,卒業研究基礎,卒業研究Ⅰ・Ⅱ

wakamatu@kanto-gakuin.ac.jp

自然地理学

建設工事を行うとき、対象地域全体の地形・地質条件をどの程度把握しているかが計画、設計、施工および構造物完成後の維持管理・防災対策などに大きな影響を及ぼす。この講義では、地形・地質の見方・調べ方や地盤条件との関わりなど自然地理学の基礎を、建設工学および防災工学的な見地から学ぶ。


災害地形学

自然災害は地形・地質をはじめとする土地条件と密接に関係している。土地条件に即した土地利用は、災害軽減に有効であるだけでなく、防災対策を最も経済的・効率的に行うことにもつながる。この講義では、主な自然災害の発生のメカニズムと土地条件との関係を学び、防災・減災のための基礎知識を修得する。


都市防災学

都市防災の基礎的な知識、現状と課題について学習し、災害に強い都市づくり、地域づくりを進めるための基礎知識を学ぶ。都市域で発生する自然災害による様々なリスクを知り、これらのリスクに対する都市防災の理論と方法を修得する。


主な研究分野

地盤・地形条件や土地状況の変遷に着目した都市防災・地域防災に関する研究を行っている。具体的には、自然災害の危険度を評価するための全国的な地形・地質データベースの構築、このデータベースを用いた災害危険度評価手法の研究を、国立研究開発法人 防災科学技術研究所などと共同で行っている。また、2011年東日本大震災や2016年熊本地震による液状化被害の現地調査を行い、被害地点をデータベース化し、地形・地盤条件を調べ、その知見を元に液状化地域危険度の広域予測手法を開発している。
【研究成果の参考サイト】
J-SHIS Map
J-SHIS Historical Liquefaction Map


ひとこと

どんなことでも一生懸命に取り組むことによって初めて真価がわかってくる。大学生活で与えられる様々な場を活用して、色々なことにチャレンジしてみて下さい。

PAGE TOP
〒236-8501 横浜市金沢区六浦東1-50-1 TEL:045(781)2001(大代表)
Copyright(c)2013 Kanto Gakuin University All rights reserved.