学部案内

3つのポリシー



学位授与方針(ディプロマ・ポリシー)

理工学部は、キリスト教に基づく建学の精神と校訓「人になれ 奉仕せよ」のもと、次に掲げるすべての能力を備え、所定の単位を修得した学生に学位を授与します。

    <知識・理解>
  • 理工系社会人として必要とされる幅広い教養を身につけている。(幅広い教養)
  • 各コースの専門分野の知識と方法論を修得している。(専門分野に関する知識・理解)
  • 本学が立地する「神奈川」の歴史・産業・社会状況等の特性を理解している。(地域に関する知識・理解)

  • <技能>
  • 各コース専門分野の知識・技能を活用して、問題を発見し解決するための手法を適切に選択できる。(問題発見・解決力)
  • 専門分野において国際社会で協働できるコミュニケーション力を有している。(国際協働力)

  • <思考・判断・表現>
  • 他者がもつ社会的・文化的背景を理解したうえで、自分の果たすべき役割を判断できる。(多文化での共生)
  • 論理的な思考と倫理的な認識をもって、事象を判断することができる。(倫理観、公平・公正な判断)
  • 専門分野において自らの意見を適切な表現手段を用いて発信するとともに、他者の意見に耳を傾けることができる。(傾聴と発信)

  • <関心・意欲・態度>
  • 社会的役割を果たすことの意義を理解し、そのために進んで知識・教養・技能を高めようとする意欲を有している。(生涯学び続ける意欲)
  • 社会・地域・組織の一員としての役割を果たそうとする主体性を持っている。(社会参加への主体性)
  • 自らの果たすべき役割に責任をもってあたるとともに、様々な背景をもった他者を尊重して協働できる。(チームワーク、他者との協働)
  • 修得した知識・技能をもって社会に貢献しようとする態度を身につけている。(建学の精神の実践、奉仕動機)


教育課程の編成・実施方針(カリキュラム・ポリシー)

理工学部は、校訓「人になれ 奉仕せよ」のもと、次に掲げる方針の下に教育課程を編成し、学位授与方針(ディプロマ・ポリシー)に掲げた能力をもつ学生を育てます。

この教育課程の編成方針(カリキュラム・ポリシー)は、科学の進展や社会の変化などを踏まえて、常に改善・改良を加え、充実に努めます。また、カリキュラムの下に置かれた各授業科目は、公開授業制度や授業改善アンケートなどのFD(ファカルティ・ディベロップメント)活動によって、不断の努力をもってさらなる充実に努めます。

    <知識・理解>
  • 自校史やキリスト教学を通じて、「他者への共感」、「多文化理解」につながる教養を培う。(キリスト教教育・自校史教育)
  • 教養科目を通じて理工系社会人として必要とされる幅広い教養を培う。(共通科目、他学部受講)
  • 初年次教育科目を含む学部の専門基礎・基幹科目によって、専門分野での学びのための基礎力を養う。(専門分野に関する学びの基礎)
  • 各コース専門分野における講義・演習・実習等を通じて、実践的な知識と方法論を修得させる。(専門分野に関する知識・理解)

  • <技能>
  • 初年次教育科目のフレッシャーズ科目および実習科目および卒業研究を通じ、課題設定・解決能力を培う。(体験型授業)
  • 体系的な語学教育、海外留学プログラム等の制度の活用・単位認定により、学生の国際的なコミュニケーション能力を育成する。(グローバル人材の育成)

  • <思考・判断・表現>
  • 単位認定されるソーシャルサービスやフィールドワーク科目、卒業研究等の学びの中での社会参加の機会を通じ、他者と共生するための思考力・判断力を養う。(多文化理解)
  • 専門科目を通じて論理的思考を身につけるとともに、教養科目を通じて倫理的認識を涵養し、実習等における他者との協働により、公平・公正な判断力を培う。(倫理観、公平・公正な判断)
  • 実習科目や卒業研究を通じて、傾聴の姿勢と、自らの立場、考えをわかりやすく発信するための能力を培う。(傾聴と発信)

  • <関心・意欲・態度>
  • 初年次教育科目から卒業研究に至る専門教育やインターンシップ等の社会活動科目を通じて、社会的活動や職業の意義に対する意識を涵養し、生涯にわたって学び、社会に貢献できる人材を育成する。(キャリア教育)
  • 単位認定されるソーシャルサービスやフィールドワーク科目、卒業研究等の学びの中での社会参加の機会を通じ、社会参加への主体性を培う。(社会参加への主体性)
  • 実習科目や卒業研究を通じて、多様な背景をもった他者と協働するための規律性と柔軟性を養う。(チームワーク、他者との協働)
  • キリスト教及び自校史への理解を基に、卒業研究等で実践的な課題解決のために専門教育で学んだ知識や技能を統合的に活用することを通じ、社会課題に対して誠実に向き合う姿勢を養う。(建学の精神の実践、奉仕動機)


  • 入学者受入方針(アドミッション・ポリシー)

    理工学部では、自らの知識と技術によって、校訓「人になれ 奉仕せよ」の説く、人類や社会の幸福に貢献しうる技術者の育成を目指し、以下のような入学者受け入れ方針に適う多様な学生を求めます。

    • 理工学部で学ぶために必要な基礎学力を有する。
    • 理工学の分野を学ぶことを強く希望し、継続的に努力しようとする固い意志を有する。
    • 科学技術に携わる者として、「清廉さ」、「実直さ」、「公共心」を有する。
    • 理工学が他者との協調・協力のもとに成り立っていることを理解し、自らの知識・技術をもって人や社会、地域に貢献したいという意欲を有する。

PAGE TOP
〒236-8501 横浜市金沢区六浦東1-50-1 TEL:045(781)2001(大代表)
Copyright(c)2013 Kanto Gakuin University All rights reserved.