教員紹介

北原 武嗣

  • 土

【専門分野】
耐震工学/構造動力学

学部担当教科

理工学概論,構造工学入門,構造の力学Ⅱ,構造解析学, 振動工学,地震防災工学,土木工学総論, 土木工学基礎実験,都市防災実験,卒業研究基礎,卒業研究Ⅰ・Ⅱ

kitahara@kanto-gakuin.ac.jp

構造工学入門、構造の力学Ⅱ

土木構造の基礎となる力学に関して、力やモーメントの概念、力の釣り合いなどを学ぶ。続いて、構造物を構成する基本的な部材であるはりやトラスを対象に変形の求め方を主に学ぶ。


振動工学

地震や風、交通荷重などを受け、構造物には振動現象が生じる。したがって、構造物の設計に際しては振動理論の習得が必要となる。本講義では、振動理論の基礎と耐震設計法に関して学ぶ。


地震防災工学

構造と地盤という二つの切り口から地震防災について学び、自然災害から人・都市・財産を守るための技術や考え方を学ぶ。耐震設計法の基本的な考え方から構造物や地盤の減災技術を理解する。


主な研究分野

安全で安心な社会基盤施設の構築を目標として、土木構造物の動的耐震設計法や信頼性設計法の研究を行っている。ここでは、地震動の周期特性や非定常性が構造物の動的応答に与える影響を動的・静的実験,および数値解析により定量的に評価し、これらの影響を精度良く考慮できる設計手法の構築を目指している。 また、成熟した社会基盤施設の維持管理が重要課題となってきている現状を鑑み、構造物が環境に与える負荷の低減、ライフサイクルコストの低減等を勘案した最適な構造材料、構造形式、構造システムに関しても、コンピュータ技術(GIS、画像処理、ソフトコンピューティング、etc.)を利用した研究を進めている。


ひとこと

ただ漠然と大学生活を過ごすのではなく、物事に対して、自ら疑問を持ち、自ら考え、そして解決できるよう常日頃心がけるようにしてください。そして、自分自身で解決するための基本的な工学的知識、工学的思考方法等を学生時代に大いに吸収してください。

PAGE TOP
〒236-8501 横浜市金沢区六浦東1-50-1 TEL:045(781)2001(大代表)
Copyright(c)2013 Kanto Gakuin University All rights reserved.