教員紹介

平野 晃昭

  • 情

【専門分野】
コンピュータグラフィックス(CG) コンピュータビジョン/パターン認識

学部担当教科

人工知能言語、プログラミング基礎、プログラミング応用、CGプログラミング、VFX映像制作、情報工学実験

hirano@kanto-gakuin.ac.jp

プログラミング基礎

コンピュータを用いて独自の処理を行わせるようにするためにはプログラミングは必要不可欠である。 画面に任意の文字や計算結果を表示させるという単純なことでも、プログラミングが出来ないと実現できない。 コンピュータについて全く知らない状態から、基本的なC言語のプログラムが自分の力で組めるようになることを目的とする。一つのプログラミング言語の基礎を習得すれば、他の言語にも比較的簡単に対応可能である。ぜひC言語の基礎を習得してほしい。


CGプログラミング

C言語およびOpenGLライブラリを用いて自在に3次元CGを表現するプログラミングを行う。 また、コンピュータで3次元CGを実現するために必要な技法に関しても講義する。 3次元CGをコンピュータ上で表現するためには様々な数学的知識が必要なので、それに関しても講義を行う。 自分の力で3次元CGをモデリングしてそれをアニメーションで動かす知識を修得することを目的とする。


人工知能言語

コンピュータは人間の指示をそっくりそのままミスすることなく実行する。 しかしながら、コンピュータが自ら新たに処理を行ったりすることはできない。 現在では様々な分野で人工知能の技術が用いられて擬人化された処理が行われている。 人間の指示のみではない、自動的な処理をプログラミングを通じて触れて、人工知能について知識を習得することを目的とする。


主な研究分野

近年デジタルカメラが普及し、様々な場面で運用されている。 なかでも、被写体として人間を対象にした様々な技術が実用化されている。 人間に関する情報は撮影された画像中にたくさん詰まっている。 その人が誰であるか?性別は何であるか?年齢はいくつであるか?どんな表情をしているのか?などといったことを画像処理を行って、そこから情報を抽出して自動的に判断する研究を行っている。 また、画像中に現実にはありえない情報として3次元CGを追加することにより、新たな表現手段を実現するための研究も行っている。


ひとこと

コンピュータをただ使うのみではなく、自分の意のままに動かすためにはプログラミングは必要です。 プログラミングができれば自分にしかできない楽しいこともコンピュータを用いて簡単に行うことができます。 現実世界では一人だけでは大きなことはやろうと思ってもなかなか実現できません。 しかし、コンピュータさえあれば、その中の世界では一人だけで大きなことが実現可能です。 コンピュータに興味があるのであれば、ぜひプログラミング能力を身につけて自分だけのモノを創ってみてください。

PAGE TOP
〒236-8501 横浜市金沢区六浦東1-50-1 TEL:045(781)2001(大代表)
Copyright(c)2013 Kanto Gakuin University All rights reserved.