教員紹介

辻森 淳

  • 総
  • 自
  • ロ

【専門分野】
空調・冷凍工学/伝熱工学

学部担当教科

熱力学、メカトロニクス演習、インターンシップ、機械実験、福祉工学

tujimori@kanto-gakuin.ac.jp

熱力学I、II

熱力学I・IIでは、巨視的な見地から熱の授受やエネルギーの変換を扱う。また、それらの基礎を理解した上で、機械を動かす原動力としての熱機関およびエネルギーの有効利用方法について学ぶ。


伝熱工学

伝熱工学では、伝熱の基本形態およびそれらの促進法、熱交換器の設計などについて学ぶ。その上で、エネルギーや環境問題に対して、これらの技術が果たす役割について考える。


主な研究分野

環境保護・省エネルギーの視点から、分散電源や廃熱有効利用を中心とするコージェネレーション技術の研究・開発が活発に行われている。その中で、冷凍・空調分野に関して、廃熱を用いた熱駆動冷熱機器の活用が重要視されており、電気入力を全く必要としない次世代型や広範囲の廃熱を有効利用することができる濃度制御吸収サイクルの研究を行っている。また、冷却技術に関して、高発熱密度化や特殊条件下で利用可能な電子機器の高信頼性冷却方法についても研究している。


ひとこと

大学生になったら、自由とわがままの違いをしっかり理解し、“楽しく学ぶ&遊ぶこと”を心がけましょう。

PAGE TOP
〒236-8501 横浜市金沢区六浦東1-50-1 TEL:045(781)2001(大代表)
Copyright(c)2013 Kanto Gakuin University All rights reserved.