教員紹介

飯田 博一

  • 生

【専門分野】
ケミカルバイオロジー

学部担当教科

生体機能化学、生命科学セミナー、生命科学英語II、理工学概論、化学I、II、化学総論I、II、生化学・有機化学実験I、II、化学実験、工学基礎実験I、II

hiida@kanto-gakuin.ac.jp

化学I、II

高校における化学と大学で学ぶ化学との橋渡しを目的とし、高校での化学の授業を十分に受けていない学生をも対象とした講義である。生命科学の専門的な講義を受講する前に身につけておくべき基本的な化学の用語、考え方、計算手法の解説を中心として講義を行い、問題演習を通して理解を深めていく。

生体機能化学

生命体を構成するほとんど全ての物質は有機化合物であり、その産生や分解は有機化学反応として理解することが出来る。また、生体内反応を有機化学レベルまで簡略化して理解することによって、医薬品の作用メカニズムを理解でき、創薬に役立てることができる。そこで、生体分子を構成する物質(アミノ酸など)の基本構造と生体分子(タンパク質、DNAなど)の立体構造の解説から開始し、その生成と代謝のメカニズム、創薬ターゲットとしての考え方、医薬品との反応メカニズムを解説する。

生命科学英語II

生命科学の中でも医療分野を学ぶために必要な英語の文章を読んでいき、「英語を学ぶ」のではなく「英語で学ぶ」「英語で新しい知識を得る」訓練を行っていく。感染症や心臓疾患の文章を読む中で、世界の情勢を知ることもこの授業の狙いである。

主な研究分野

有機化学を基盤とした生命科学研究である「ケミカルバイオロジー」の分野の研究を進めている。その中でも特に、小分子有機化合物による生体機能のコントロールを目指し、DNA塩基配列選択的なアルキル化剤のデザイン及びその反応性の解析、小胞体ストレス防御ケミカルシャペロンとしての4-フェニル酪酸誘導体の合成と構造活性相関、新規アルツハイマー病治療薬としてのメマンチン誘導体の合成と構造活性相関などの研究を進めている。また、マイクロ波照射反応や超高圧反応といった特異な反応環境を利用した新規有機化学反応の開発研究も進めている。

ひとこと

大学とは、何かをさせてくれる場所ではなく、何かをする場所です。積極的にいろいろなことに取り組むことで、どんどん前に進んでいくことができます。研究を進めていく中で、分からないことがいっぱい出てくるかもしれません。最初は自分の知識の足りないことが原因かもしれませんが、すぐに、世界で誰も解決していない問題にたどり着きます。大学とはそんなワクワクする場所なのです。この世界を体験して、楽しんでみてください。

PAGE TOP
〒236-8501 横浜市金沢区六浦東1-50-1 TEL:045(781)2001(大代表)
Copyright(c)2013 Kanto Gakuin University All rights reserved.